コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸収源 キュウシュウゲン

デジタル大辞泉の解説

きゅうしゅう‐げん〔キフシウ‐〕【吸収源】

《sinkの訳語二酸化炭素などの温室効果ガスを吸収する海洋や森林のこと。二酸化炭素を吸収して炭酸同化作用などの働きをするもの。炭素吸収源。「吸収源の整備」
[補説]排出源(source)に対する語。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が1990年にまとめた報告書の中にも記載されている言葉。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

吸収源の関連キーワード森林の二酸化炭素(CO2)吸収京都議定書目標達成計画二酸化炭素観測コベネフィット京都議定書だいち2号森林吸収源林業政策サンゴ補説

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吸収源の関連情報