コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鍋状火口 なべじょうかこう

1件 の用語解説(鍋状火口の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

鍋状火口

pit crater: 火山の緩やかな傾斜面にできた円形または楕円形の陥没凹地で,熔岩や火山砕屑物の集積や小山は形成されない.楯状火山の山頂付近,山腹の噴火地点付近などに多い.これは陥没構造であって融けた熔岩で埋められることはなく,場合によっては熔岩流が壁に沿って壊されることがある.噴出に伴って形成されたものでない点が通常の火口と異なり,凹地の周囲には噴出物などによる盛り上がりはない[Wilkes : 1845, Wentworth & Macdonald : 1953,片山ほか : 1970].
volcanic sink: →陥没カルデラ

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鍋状火口の関連キーワード徐脈側火山女坂火山群ソフトローン温み複成火山緩やか側火口火山地溝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone