炭酸同化作用(読み)たんさんどうかさよう(英語表記)carbon dioxide assimilation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

炭酸同化作用
たんさんどうかさよう
carbon dioxide assimilation

広義には,生物体が二酸化炭素(水溶液は炭酸)を有機物に転化する反応の総称。炭酸固定ともいう。植物や細菌による光合成,細菌の化学合成,動物も含めて生物一般にみられる光や酸化エネルギーによらない固定反応(炭酸暗固定)がある。通常は光合成と同義に用いることも多い。光合成は大別して明反応暗反応からなり,明反応では光エネルギーを利用してアデノシン三リン酸 ATPと還元型補酵素 NADPH2をつくり,これらにより暗反応のカルビン=ベンソン回路カルビン回路)を駆動して,受容有機物分子内に炭酸ガスを取り込む。化学合成では,明反応にあたるものが光に依存せず,無機物あるいは有機物の酸化反応によっている。暗固定においては,各種カルボキシラーゼなどの酵素の働きで,ATPのエネルギーを利用しつつ,受容体有機分子へと炭酸基が直接に取り込まれるが,生物界全体ではこの経路の比重は小さい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

たんさんどうかさよう【炭酸同化作用】

生体内で二酸化炭素が有機物に変化する反応。独立栄養生物の行う光合成・化学合成と、独立および従属栄養生物のいずれもが行う炭酸暗固定に大別される。炭酸同化。炭酸固定。炭素同化作用。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たんさんどうか‐さよう ‥ドウクヮ‥【炭酸同化作用】

〘名〙 生物が炭酸ガスを吸収して有機物を合成すること。独立栄養を営む緑色植物が行なう光合成のほか、細菌類による化学合成、光還元などがある。
※科学‐大正一五年(1926)一月号・大発見、大発明の動機〈寺崎留吉〉「植物は緑(あを)い葉によりて大気中の炭酸瓦斯を吸ひ〈略〉同時に酸素を大気中に吐き出すことを発見した、これ即ち炭酸同化作用(タンサンドウクヮサヨウ)であって」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android