コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸啜反射 きゅうてつはんしゃ(きゅうせつはんしゃ)

妊娠・子育て用語辞典の解説

きゅうてつはんしゃ(きゅうせつはんしゃ)【吸啜反射】

原始反射の一つ。口に入ってきたもの(ママの乳首など)を強く吸う反射です。この吸てつ反射のほかに、唇に乳首などが触れると首を回す(探索反射)、乳首が口に入るとくわえる、おっぱいを飲む込む(嚥下反射)など一連の反射を含めて「哺乳反射」といいます。赤ちゃんがおっぱいを吸えるのは、この哺乳反射が備わっているためです。哺乳反射による動きが少なくなってきたら(他にも条件がありますが)、離乳を開始することができます。哺乳反射は4~5か月ころから少しずつ薄れ、6、7か月ころには消えていきます。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について | 情報

吸啜反射の関連キーワード赤ちゃんの世話原始反射

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android