コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸啜反射 きゅうてつはんしゃ(きゅうせつはんしゃ)

1件 の用語解説(吸啜反射の意味・用語解説を検索)

妊娠・子育て用語辞典の解説

きゅうてつはんしゃ(きゅうせつはんしゃ)【吸啜反射】

原始反射の一つ。口に入ってきたもの(ママの乳首など)を強く吸う反射です。この吸てつ反射のほかに、唇に乳首などが触れると首を回す(探索反射)、乳首が口に入るとくわえる、おっぱいを飲む込む(嚥下反射)など一連の反射を含めて「哺乳反射」といいます。赤ちゃんがおっぱいを吸えるのは、この哺乳反射が備わっているためです。哺乳反射による動きが少なくなってきたら(他にも条件がありますが)、離乳を開始することができます。哺乳反射は4~5か月ころから少しずつ薄れ、6、7か月ころには消えていきます。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

吸啜反射の関連キーワード育児嚢闕腋の袍化け物洋蘭活魚開化丼莢豆乳首借りてきた猫突戻す

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone