コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸着作用 きゅうちゃくさようadsorption

翻訳|adsorption

岩石学辞典の解説

吸着作用

固体の岩体の表面に気体または液体が弱く結合すること.気相または液相中の物質が,その相と接触するほかの液相または固相との界面で,相の内部と異なった濃度で平衡に達する現象をいう[長倉ほか : 1998].集合体の比表面積が増加すると,吸着作用の速度も増加する.濃度が大きくなる場合を正吸着(positive adsorptio),減少する場合を負吸着(negative adsorption)という.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吸着作用の関連情報