コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹き合はす フキアワス

デジタル大辞泉の解説

ふき‐あわ・す〔‐あはす〕【吹き合はす】

[動サ下二]
笛などを他のものと調子を合わせて吹く。また、管楽器を合奏する。
「木枯らしに―・すめる笛の音をひきとどむべきことの葉ぞなき」〈帚木
風などが他のものと調子を合わせるように吹く。
「かれがれなる虫の音に松風すごく―・せて」〈賢木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

吹き合はすの関連キーワード虫の音

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android