木枯らし/凩(読み)コガラシ

デジタル大辞泉の解説

こ‐がらし【木枯らし/×凩】

《木を吹き枯らすものの意》秋の末から冬の初めにかけて吹く強く冷たい風。 冬》「海に出て―帰るところなし/誓子
すりこぎをいう近世女性語。
[補説]「凩」は国字。
[補説]作品名別項。→木枯らし

こがらし【木枯らし】[曲名]

《原題、Winter Windショパンのピアノ曲集「12の練習曲(作品25)」の第11番の通称。イ短調。別邦題「木枯らしのエチュード」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

木枯らし

晩秋から初冬にかけて吹く、木の葉を吹き散らす冷たい北寄りの風。また気象庁では、「一〇月半ばから一一月末日の間で、初めて吹く北または西寄りの風(秒速八m以上)」を木枯らし一号としている。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android