木枯らし(読み)コガラシ

  • 曲名
  • 木枯らし/×凩

デジタル大辞泉の解説

《木を吹き枯らすものの意》秋の末から冬の初めにかけて吹く強く冷たい風。 冬》「海に出て―帰るところなし/誓子
すりこぎをいう近世女性語。
[補説]「凩」は国字。
[補説]作品名別項。→木枯らし
原題Winter Windショパンのピアノ曲集「12の練習曲(作品25)」の第11番の通称。イ短調。別邦題「木枯らしのエチュード」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

晩秋から初冬にかけて吹く、木のを吹き散らす冷たい北寄りの風。また気象庁では、「一〇月半ばから一一月末日の間で、初めて吹く北または西寄りの風(秒速八m以上)」を木枯らし一号としている。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木枯らしの関連情報