コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹(き)寄せ効果 フキヨセコウカ

デジタル大辞泉の解説

ふきよせ‐こうか〔‐カウクワ〕【吹(き)寄せ効果】

高潮を発生させる自然現象メカニズムの一。台風や発達した低気圧による強風の影響で海面の水位が上昇すること。沖から沿岸に向かって強い風が吹き続けると、海水が海岸に吹き寄せられて水位が高くなる。海面の上昇は風速の2乗に比例し、風速が2倍になると水位は4倍になる。遠浅の海岸やV字型の湾の奥などで特に水位が上昇する。これと吸い上げ効果との相乗効果で高潮が発生する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone