コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹(き)寄せ効果 フキヨセコウカ

デジタル大辞泉の解説

ふきよせ‐こうか〔‐カウクワ〕【吹(き)寄せ効果】

沖から沿岸に向かって強い風が吹くことにより、海水が海岸に吹き寄せられて水位が上昇すること。海面の上昇は風速の2乗に比例し、風速が2倍になると水位は4倍になる。遠浅の海岸やV字型の湾奥などで特に水位が上昇する。これと吸い上げ効果との相乗効果で、高潮が発生する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android