コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吾妻路富士太夫 あづまじ ふじたゆう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吾妻路富士太夫 あづまじ-ふじたゆう

?-1862 江戸時代後期の浄瑠璃(じょうるり)太夫。
新内節。安政ごろ江戸の市村座や中村座で浄瑠璃「忍岡恋曲者(しのぶがおかこいはくせもの)」「夜鶴姿泡雪(よるのつるすがたのあわゆき)」などをかたり,好評をえた。万延元年花園宇治太夫と改名。文久2年2月6日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の吾妻路富士太夫の言及

【新内節】より

…なお彼には滑稽(こつけい)な(チャリ物という)《弥次喜多》3段もある。同じ安政年間に吾妻路富士太夫(のち花園宇治太夫と改名)が劇場に出演したが,一代で終わった。明治の初期,魯中の子の5世加賀太夫が《花井お梅》《高橋お伝》などの作品を発表した。…

※「吾妻路富士太夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

吾妻路富士太夫の関連キーワード花園節新内節

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android