新内節(読み)しんないぶし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新内節
しんないぶし

18世紀中頃に豊後節の系統から派生した浄瑠璃の一流派。広義の豊後節に属する。祖流は富士松薩摩掾の富士松節。薩摩掾はもと宮古路豊後掾の高弟加賀太夫。豊後節禁止のあとの延享2 (1745) 年独立。そのワキ語り敦賀太夫は宝暦1 (1751) 年さらに独立して鶴賀節を始め,鶴賀若狭掾となる。宝暦8年を最後に芝居から離れ,鶴賀節はお座敷浄瑠璃専門となる。これが新内節の直接の祖。この系統の 2世鶴賀新内 (1747~1810) が鼻にかかった声と独特の節回しで人気を博したため,新内節の呼称が普及し,それが先行の同系同趣の流派の総称となり,のちの分派をも包含して今日にいたる。芝居から分離したため,遊里を拠点として発展。多く心中事件に取材し,扇情的官能的語り口が特色となる。天保14 (1843) 年,鶴賀から破門された加賀八太夫は,すでに絶えていた富士松家を再興,富士松魯中と名のり,ともすれば品位の下がりがちな旧来の新内節に反発して「富士松浄瑠璃」と称し,新作を多く発表して品位向上に努め,新内節中興の祖といわれる。明治から大正にかけては魯中の系統の 7世富士松加賀太夫が美声で有名。現在の新内節の大部分は 7世富士松加賀太夫の風を受け継ぐ。演劇・舞踊的制約がないため形式が自由で,聞かせどころのクドキが延々と続く曲が多い。拍子にとらわれず緩急自在で,悲痛とも思える絞り出すような発声で (かん) (りょ) の声を交錯させ,節尻の変化を激しくするなど,声調の技巧を凝らす。三味線は太目の中棹を用い,声をいかすため地の三味線は大間になり,それに独特の装飾的な高音 (たかね) すなわち上調子をからませる。前弾きが原則として曲により固定せず,数種の前弾きを各曲に流用する点と,流しの営業形態がある点も特色である。演奏者各人の個性的工夫の幅が広く,新作活動も活発。家元の分立も多く二十余派に分かれる。芸名の姓としては,鶴賀,富士松,岡本,新内など。代表曲『明烏 (あけがらす) 』『蘭蝶』『伊太八』『音羽丹七』『白藤源太』『花咲綱五郎』『日高川』『累 (かさね) 』『早衣喜之助』『子宝三番叟』『三勝縁切』『梅川』『城木屋』『千両幟』『膝栗毛』『佐倉宗五郎』『石童丸』『真夢 (まさゆめ。『正夢』とも書く) 』『花井お梅』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しんない‐ぶし【新内節】

浄瑠璃の流派の一。延享2年(1745)宮古路加賀太夫豊後(ぶんご)節から脱退、富士松薩摩(ふじまつさつま)を名のったのが遠祖。この富士松節から出た鶴賀若狭掾(つるがわかさのじょう)鶴賀節を立てたが、文化年間(1804~1818)に2世鶴賀新内が人気を博して以来、新内節というようになった。早くから劇場を離れ、座敷浄瑠璃として発展。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

新内節【しんないぶし】

浄瑠璃の流派名。18世紀に豊後(ぶんご)節の一派の鶴賀(つるが)新内〔1747-1810〕が残した名称で,江戸浄瑠璃の系統。現在はそれ以前の同系統の富士松節,鶴賀節,豊島節さらに,後に富士松魯中の系統が唱えた〈富士松浄瑠璃〉などの総称。豊後節の系統に属する浄瑠璃のうち,新内節は常磐津節,富本節,清元節と違って歌舞伎を離れ,おもに遊廓(ゆうかく)の音楽として発展したために,哀愁に富んだ悲痛な感情を表現する曲が多い。
→関連項目岡本文弥源氏節新内流し

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんないぶし【新内節】

浄瑠璃の流派名。安永(1772‐81)の末ごろに生まれた江戸浄瑠璃。豊後節(ぶんごぶし)の一派で,鶴賀若歳(つるがわかとし)改め2世鶴賀新内の残した名称。それ以前の同系統の富士松,鶴賀,豊島らの節も含み,また後年富士松魯中(ろちゆう)の称した富士松浄瑠璃も,現在では新内節に含めている。
[歴史]
 享保(1716‐36)の末ごろ,上方から江戸に下った宮古路豊後掾(みやこじぶんごのじよう)にしたがった宮古路加賀太夫は,1745年(延享2)に師家を去って独立,富士松薩摩(翌年富士松薩摩掾を受領)と名のり52年(宝暦2)まで劇場に出演し,57年に没した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんないぶし【新内節】

江戸浄瑠璃の一。宝暦(1751~1764)頃、富士松薩摩掾の門人鶴賀若狭掾が創始し、鶴賀新内の哀婉な曲節で人気を得た。心中物を得意とし、特殊な情緒をもつ。新内。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新内節
しんないぶし

浄瑠璃(じょうるり)の流派名。豊後節(ぶんごぶし)系列に属し、江戸で生まれた。その名称は鶴賀若歳(つるがわかとし)改め鶴賀新内の残したもの。したがって同系統の富士松節、鶴賀節、豊島節、後年の岡本節、花園節、さらに富士松魯中(ろちゅう)が唱えた富士松浄瑠璃も、今日ではすべて「新内節」の名称で総括される。[林喜代弘・守谷幸則]

流派と沿革

享保(きょうほう)(1716~36)の末年ごろ、豊後節の始祖宮古路豊後掾(みやこじぶんごのじょう)とともに上方(かみがた)から江戸へ下った門弟の富士松加賀太夫(かがたゆう)(1686―1757)は、師の没後の1745年(延享2)富士松薩摩(さつま)と改名(翌年薩摩掾を受領(ずりょう))して富士松節の一流をたて、52年(宝暦2)まで劇場に出勤して没した。この薩摩掾の加賀太夫時代からのワキ語りに佐賀太夫(生没年未詳)と敦賀(つるが)太夫(1717―86)があり、前者は豊島国太夫を名のって分派したが、1代で終わった。一方、敦賀太夫(初名加賀八)は1751年(宝暦1)に独立し、朝日若狭掾(わかさのじょう)を受領してまもなく鶴賀若狭掾源義正と改め、一派を樹立した。しかし、初世常磐津文字太夫(ときわずもじたゆう)の劇場進出をもくろむ敏腕に押され、58年には若狭掾は座敷浄瑠璃専門に転向することになったが、この劇場最後の出演(森田座)でワキを勤めたのが初名新内改め加賀八太夫(1714―74)である。そして、加賀八太夫の門人で盲人の若歳がのちに新内(2世)と改名、特異な美声が好評を博して、新内節の呼称を残すことになる。この若狭掾・新内らの鶴賀派では、巷間(こうかん)の心中事件を取り上げて一段にまとめあげた端物(はもの)と称する作品を逐次発表、舞踊の間拍子(まびょうし)にこだわらず語物本来の味を生かして語り、とりわけ眼目のクドキ地ではことさら扇情的な曲節を強調し、そのため庶民階級に迎えられて大いにもてはやされた。当時の代表曲に『蘭蝶(らんちょう)』『明烏(あけがらす)』『伊太八(いだはち)』があり、現今も流行している。
 文化・文政(ぶんかぶんせい)期(1804~30)から天保(てんぽう)期(1830~44)にかけては、二つの大きな動きが目だつ。一つは、聴衆の嗜好(しこう)がとかく単調になりがちな端物に飽き足らず、筋立てのこみいった義太夫節(ぎだゆうぶし)を喜ぶ風潮から、その流行曲の一部を転用して曲節をも取り入れることを意欲的に行った。これは若狭掾の娘初世鶴吉と、その娘の2世鶴吉の家元時代のことである。もう一つは、2世鶴吉の子で鶴賀派4代にあたる初世鶴賀若狭太夫や、加賀歳(かがとし)新内(3世鶴賀新内)らが中村座ほかへ出勤して、舞踊地の伴奏を勤め、新内舞踊が行われるようになったことである。曲節のほうも、大間な三味線を縫って声調にさまざまな装飾を施したり、地の三味線の単調さを補うために、上調子(うわぢょうし)の技法も複雑におもしろく用いるようになった。これはいずれもこのころから流行してきた女(むすめ)新内の「新内流し」によるものと推定される。
 天保期の末期、鶴賀派の逸材鶴賀加賀八太夫(1797―1861)が中絶していた富士松派を再興し、富士松加賀太夫(のち魯中(ろちゅう))を名のり、革新の気概に燃え、安政(あんせい)年間(1854~60)に渋く品のよい多数の作品(『夕霧』『膝栗毛(ひざくりげ)』『佐倉宗吾』『真夢(まさゆめ)』など)を発表し、新内界に清新の気を送り込んだ。また同じころ、初期富士松系の吾妻路(あづまじ)富士太夫こと後の花園宇治太夫(1791?―1862)が江戸三座に出勤したが、一時期の活躍に終わった。魯中の子、5世加賀太夫(1855―92)は明治初期に『高橋お伝』『花井お梅』の新作を手がけたが若くして没した。この5世を育成したのが魯中の高弟で盲人の富士松紫朝(しちょう)(1827―1902)で、三味線の名手とうたわれ、魯中の作曲面でのよき協力者であった。鶴賀系の柳家柴朝(しちょう)(紫朝)もこの人に学んで明治~大正期に独自の芸風を築いた。
 明治に入ると、鶴賀派は1891年(明治24)5世家元の2世若狭太夫没後血脈が絶え、翌年築地(つきじ)魚市場頭の鈴木重太郎が社中から推されて家元となり、6世新内(のち祖元)を名のり、現在まで11代を数える。一方、富士松派は5世加賀太夫没後、2世魯中を襲名したその兄が6世家元となって加賀太夫を名のり、7世加賀太夫(1856―1930)は5世の門人富士太夫が継いだ。その天性の美声は明治末期から大正期にかけて広く称揚されたが、このときに富士松派は正派と本派に分裂、さらに後年、両派から多くの分派が生まれた。岡本文弥(ぶんや)(1895―1996)は、文化年間に若歳新内から分かれた岡本宮古太夫の家系を、1923年(大正12)に富士松加賀路太夫から改名して再興したものである。岡本文弥は従来の新内曲に加え、1930年(昭和5)ころより『西部戦線異常なし』などを発表、「赤い新内」「左翼新内」とよばれ評判をとった。現在、仲間内の公認と称する派は27を数え、1959年(昭和34)には新内協会の成立もあり、邦楽界のなかでも活況を呈している。[林喜代弘・守谷幸則]

特色

新内節は、端物形式が基本的形態であり、とりわけ、曲の主眼であるクドキの部分が他流に比して嫋婉(じょうえん)えんえんと続く。その冒頭部分によく用いられるウレイガカリという哀愁の曲節は、クドキに移ると一段と凄艶(せいえん)さを増すウレイという旋律型になる。新内節はほとんど芝居の所作事地(舞踊劇の伴奏)として用いられなかったため、形式上の発展がなく、初期の簡素な数種の旋律型の反復にとどまったが、時代の移行とともに悲愁をいや増す独得の発声法へと一段とくふうが凝らされた。また、本調子の地の三味線の単調さを補うための二上り調の替手風の上調子は、文化・文政期に始まったといわれる「流し」のためにさらに奏法に技巧が施されて、高音(たかね)とよばれた。2人1組の二挺(ちょう)三味線で街頭をゆっくり歩きながら奏する新内流しの「流しの三味線」は、通常は太夫が地、三味線弾きは高音を受け持つ。これには、(1)普通の手(無名)、(2)中甲(ちゅうかん)、(3)大甲(だいかん)の3種があり、歌舞伎(かぶき)の下座(げざ)音楽にも取り入れられて、『切られ与三(よさ)』の源氏店(げんじだな)の場や、下町や廓(くるわ)の夜ふけの情景描写に用いられる。また新内の前弾(まえびき)は1曲ごとに作曲されるものでなく、違った気分をもつ、いくつかの既存の前弾を適宜流用する。一般的なものとしては、第三弦の中甲のつぼから弾き出す「中甲」があり、ほかに「江戸」「鈴虫」「彦三(ひこさん)」などがある。[林喜代弘・守谷幸則]
『『藤根道雄遺稿集』(1974・同書刊行会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しんない‐ぶし【新内節】

〘名〙 浄瑠璃の一流派。延享二年(一七四五)宮古路加賀太夫が、宮古路節(豊後節)から脱退し、富士松薩摩を名乗ったのが、新内節の遠祖である。この富士松節から出た鶴賀若狭掾の門弟に鶴賀新内がおり、その初代新内までは鶴賀節といわれたが、文化年間(一八〇四‐一八)の二世新内から新内節というようになった。新内節は劇場から離れ、吉原その他の「流し」が中心となり、煽情的で江戸情緒を濃厚に伝えている。江戸では訛って「しんねいぶし」「しんねえぶし」ともいわれる。しんない。
洒落本・一事千金(1778)一「義太夫は気がつまると、しん内ぶしにうき身をやつし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の新内節の言及

【浄瑠璃】より

…これを豊後三流という。やはり豊後系の鶴賀若狭掾の弟子鶴賀新内は妖艶な新内節の曲風を語った。河東節,豊後三流,新内節を江戸浄瑠璃ともいう。…

【鶴賀新内】より

新内節の太夫,作曲家。(1)初世(1714‐74∥正徳4‐安永3) 湯方御家人,本名岡田五郎次郎。…

【富士松紫朝】より

…新内節富士松派の演奏家。(1)初世(1827‐1902∥文政10‐明治35) 本名佐藤竹次郎。…

【文弥節】より

…文弥節を吸収したのは義太夫節で,《伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)》の〈政岡忠義の段〉の,〈忠と教える親鳥の〉は文弥節,《絵本太功記》十段目の〈涙に誠あらわせり〉は文弥オトシである。そのほか,山本角太夫(かくだゆう)の角太夫節も影響を受け,一中節も文弥の泣き節をとり入れたといわれ,新内節で使われるウレヒは,阿波太夫の影響といわれる。文弥節は義太夫の流行もあって,宝永(1704‐11)ころから急に衰退した。…

【柳家紫朝】より

…新内節の演奏家。柴朝とも書く。…

※「新内節」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

新内節の関連情報