コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呉粛胡明 ごしゅく こめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

呉粛胡明 ごしゅく-こめい

?-? 奈良時代の医術家。
続日本紀」によれば,養老5年(721)学問をふかく修得し師範の資格がある者を賞したとき,医術の分野にすぐれたとして絁(あしぎぬ),糸,布,鍬(くわ)をあたえられ,従五位上に昇進。神亀(じんき)元年(724)御立連(みたちのむらじ)に氏姓をあらためた。名は呉明とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

呉粛胡明の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android