呉粛胡明(読み)ごしゅく こめい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

呉粛胡明 ごしゅく-こめい

?-? 奈良時代の医術家。
続日本紀」によれば,養老5年(721)学問をふかく修得し師範の資格がある者を賞したとき,医術の分野にすぐれたとして絁(あしぎぬ),糸,布,鍬(くわ)をあたえられ,従五位上に昇進。神亀(じんき)元年(724)御立連(みたちのむらじ)に氏姓をあらためた。名は呉明とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android