呉綾(読み)ごりょう

精選版 日本国語大辞典「呉綾」の解説

ご‐りょう【呉綾】

〘名〙 の国で作られるあやぎぬ。
※本朝無題詩(1162‐64頃)二・賦牡丹花〈藤原通憲〉「窓間暁訝呉彩、庭上夜疑斉燎光」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「呉綾」の解説

【呉綾】ごりよう

呉地のあやぎぬ。〔唐書、堅伝〕爲に樓に升り、群臣に詔して臨せしむ。堅~に某郡とし、するを以て、其の上に暴陳(ばくちん)(野積み)す。~會稽には則ち羅・綾・絳紗あり。

字通「呉」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android