コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呑気症 どんきしょうaerophagia; aerophagy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呑気症
どんきしょう
aerophagia; aerophagy

空気嚥下症ともいう。無意識に空気を嚥下する状態で,神経症ヒステリーの患者によくみられる。症状としておくび,鼓腸,胃腸障害を訴える。トランキライザの投与や精神療法を行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

どんき‐しょう〔‐シヤウ〕【×呑気症】

無意識のうちに空気を飲み込んで、腹が張ったり、こめかみが痛くなったりする症状。早食い、炭酸飲料の飲みすぎのほか、ストレスも原因となる。空気嚥下症

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の呑気症の言及

【おくび】より

…ふつう以上に空気をのみ込むくせのある人(呑気(どんき)症)の場合は飲食と関係なくおくびを多発する。呑気症は神経質な人や胃疾患時にみられる。【東 健彦】。…

【腹鳴】より

…機械的イレウス(腸閉塞)のような腸管運動の亢進しているとき,消化吸収障害のみられるとき,消化管内出血時等にもしばしばみられる。また過剰の空気をのむ呑気症でも腹鳴が起こる。【福富 久之】。…

※「呑気症」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

呑気症の関連情報