コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼓腸 こちょうmeteorism

5件 の用語解説(鼓腸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鼓腸
こちょう
meteorism

腸管内や腹腔あるいは腹膜腔内にガスがたまって腹部の膨隆した状態。腸性と腹膜性がある。前者は腸管麻痺,腸閉塞消化不良などによって腸管内にガスがたまるもので,後者は,胃や腸の穿孔による穿孔性腹膜炎による。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こ‐ちょう〔‐チヤウ〕【鼓腸/鼓×脹】

腸内にガスが大量にたまって腹が膨れ上がった状態。腸閉塞腹膜炎などでみられる。
反芻(はんすう)動物、特に牛で、第1胃に食物の発酵によるガスがたまった病的な状態。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

鼓腸【こちょう】

腸管内に異常にガスがたまった状態。全体に認められる場合は消化異常,腸運動異常によることが多く,局所的なものは腸の閉塞(へいそく),狭窄(きょうさく)によるものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こちょう【鼓腸 meteorism】

腹部にガスがたまり膨隆した状態をいう。腸管内に内容が停滞し発酵分解し多量のガスが発生することによって生ずる。自覚症状としては腹部膨満と腹痛がみられ,打診をすると腹部全体に高調な鼓音をきくことができる。腸管腔内にガスが充満した場合を腸性鼓腸とよび,これに対して腸管外で腹膜腔内にガスが充満した場合を気腹あるいは腹膜性鼓腸とよぶ。両者はX線検査で容易に鑑別することができる。腸性鼓腸の状態は,(1)腹膜炎,外傷,開腹手術後,重症な伝染病,低カリウム血症モルヒネ投与などにより腸運動の低下,腸管麻痺をひきおこしたとき,(2)腸管の狭窄,捻転,癒着等によりイレウス(腸閉塞)をひきおこしたとき,(3)便秘,結腸過長症等によりガスの通過障害がもたらされたとき,(4)腸炎等により腸内ガスの吸収障害をひきおこしたとき,(5)発酵しやすい食事をとり腸内ガス発生が亢進したとき,(6)空気嚥下の増加したとき,などにみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鼓腸
こちょう
meteorism

腸管内あるいは腹腔(ふくくう)内にガスが異常にたまり、腹が張ってくることをいう。ガスが多くなると腹が膨れてきて俗にいう「タヌキの腹」のようになり、手をのせてその上を軽くたたく打診によりポンポンと鼓音が出る。腹腔内に液体がたまる腹水の場合は、打診によって重い濁音が聞こえるので容易に鑑別できる。鼓腸のおもな原因は腸閉塞(へいそく)や腸麻痺(まひ)であり、腸のガスが下部へ移送されないためにおこる。空気を異常に多く飲み込む人にみられる空気嚥下(えんげ)症も、代表的原因の一つである。ごく軽い鼓腸は、ガスの多く出る食物、たとえばサツマイモ、ゴボウなどを多く食べたり、便秘が強いときにもみられる。[吉田 豊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鼓腸の関連情報