コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周期性傾眠症 しゅうきせいけいみんしょうperiodic somnolence

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうきせいけいみんしょう【周期性傾眠症 periodic somnolence】

数日から数週間持続する傾眠(入眠傾向が異常に亢進した状態)を数ヵ月から1~2年の間隔で反復する病気。傾眠期にも食事や排便はできるが,無気力で茫然としており,後に健忘を残す。覚醒させても脳波に基礎律動の徐波化を証明し,傾眠の基盤に軽い意識障害の存在を推定させる(高橋康郎,1965)。睡眠自体は浅く長くなること以外に異常はない。青年男子に多く,登山,引越し,感冒などの心身のストレスで誘発される。既往歴に高熱疾患や頭部外傷があるものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

周期性傾眠症の関連キーワード過眠症

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android