既往(読み)きおう

精選版 日本国語大辞典「既往」の解説

き‐おう ‥ワウ【既往】

〘名〙 過ぎ去った時。過去。また、過ぎ去った物事。すんでしまった事。「昔」ので、副詞的にも用いる。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉緒言「を論ずるに臆測推量の曖昧に陥ること少なくして」 〔左思‐魏都賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「既往」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「既往」の解説

【既往】きおう(わう)

すんだこと。過去。〔論語、八事はかず、事は諫めず、は咎めず。

字通「既」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android