既往(読み)きおう

精選版 日本国語大辞典「既往」の解説

き‐おう ‥ワウ【既往】

〘名〙 過ぎ去った時。過去。また、過ぎ去った物事。すんでしまった事。「昔」ので、副詞的にも用いる。〔色葉字類抄(1177‐81)〕
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉緒言「を論ずるに臆測推量の曖昧に陥ること少なくして」 〔左思‐魏都賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「既往」の解説

き‐おう〔‐ワウ〕【既往】

過去。また、すんでしまった事柄
「一切―を云わず」〈福沢福翁自伝
[類語]過去以前かつ在りし日往年往時往日旧時昔日せきじつ昔時せきじ昔年せきねん往昔おうせき往古古昔こせきいにしえ古くそのかみ当時前前かねてかねがね何時かこれまで従来従前し方先年当年一時一頃その節先に当時古来あらかじめ前以て年来旧来在来その昔太古千古大昔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「既往」の解説

【既往】きおう(わう)

すんだこと。過去。〔論語、八事はかず、事は諫めず、は咎めず。

字通「既」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android