コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周波数逓倍 しゅうはすうていばい

2件 の用語解説(周波数逓倍の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

周波数逓倍【しゅうはすうていばい】

ある周波数の正弦波電圧(電流)をもとにして,その整数倍の周波数の正弦波電圧(電流)を発生させること。無線送信機においては,安定した周波数の得られる水晶発振器を用い,周波数逓倍して所要の周波数を得ている。
→関連項目送信機

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうはすうていばい【周波数逓倍 frequency multiplier】

ある周波数の正弦波電圧,または電流を基にして,その整数倍の周波数の正弦波電圧,または電流を発生させること。正弦波電圧,または電流を非線形な特性を有する回路に加えると,その出力には,基本波成分のほかに高調波成分が含まれる。これを基本波の整数倍の周波数の共振回路に加えると,所要倍数の高調波電圧,または電流を得ることができる。非線形な特性の回路としては,B級またはC級増幅器が用いられる。マイクロ波帯では,可変容量ダイオードも多く用いられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone