コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周波数逓倍 しゅうはすうていばい

百科事典マイペディアの解説

周波数逓倍【しゅうはすうていばい】

ある周波数の正弦波電圧(電流)をもとにして,その整数倍の周波数の正弦波電圧(電流)を発生させること。無線送信機においては,安定した周波数の得られる水晶発振器を用い,周波数逓倍して所要の周波数を得ている。
→関連項目送信機

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうはすうていばい【周波数逓倍 frequency multiplier】

ある周波数の正弦波電圧,または電流を基にして,その整数倍の周波数の正弦波電圧,または電流を発生させること。正弦波電圧,または電流を非線形な特性を有する回路に加えると,その出力には,基本波成分のほかに高調波成分が含まれる。これを基本波の整数倍の周波数の共振回路に加えると,所要倍数の高調波電圧,または電流を得ることができる。非線形な特性の回路としては,B級またはC級増幅器が用いられる。マイクロ波帯では,可変容量ダイオードも多く用いられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

周波数逓倍の関連キーワードマイクロ波用ダイオードマイクロ波ダイオードバリキャップ倍周器分周

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android