コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周臣 しゅうしん

美術人名辞典の解説

周臣

明代の画家。呉生。字は舜卿、東邨と号する。陳暹の画法を学び、山水画を能くした。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうしん【周臣 Zhōu Chén】

中国,明中期の山水人物画家。生没年不明。字は舜卿,号は東村蘇州(江蘇省)の人。仇英唐寅の師。この師弟3人を併せて,宋代院体画風に連なるという意味で院派と呼ぶ。彼らは明前期の浙派から後期の呉派への勢力交代期にあって両者を仲立ちする一種過渡的な役割を果たした。ことに周臣は宋代院体画の空間表現を浙派とは異なる精緻な筆墨技巧によって追求,再生する新生面を開き,文徴明以後の呉派文人画の展開に大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周臣
しゅうしん
Zhou Chen

中国,明中期の画家。呉県 (江蘇省蘇州) の人。字は舜卿,号は東邨。絵は陳暹 (ちんせん) に学んだが,その画系をたどると南宋末の画院画家にまで及ぶことから,周臣一派を院派とも称している。山水・人物画を得意とし,巧緻な描写形式を示した。主作品に『山齋客至図』 (上海博物館) ,『渓山楼観図』 (ボストン美術館) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

周臣の関連キーワード北宗画

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android