コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周臣 しゅうしん

3件 の用語解説(周臣の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

周臣

明代の画家。呉生。字は舜卿、東邨と号する。陳暹の画法を学び、山水画を能くした。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうしん【周臣 Zhōu Chén】

中国,明中期の山水・人物画家。生没年不明。字は舜卿,号は東村,蘇州(江蘇省)の人。仇英,唐寅の師。この師弟3人を併せて,宋代院体画風に連なるという意味で院派と呼ぶ。彼らは明前期の浙派から後期の呉派への勢力交代期にあって両者を仲立ちする一種過渡的な役割を果たした。ことに周臣は宋代院体画の空間表現を浙派とは異なる精緻な筆墨技巧によって追求,再生する新生面を開き,文徴明以後の呉派文人画の展開に大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周臣
しゅうしん
Zhou Chen

中国,明中期の画家。呉県 (江蘇省蘇州) の人。字は舜卿,号は東邨。絵は陳暹 (ちんせん) に学んだが,その画系をたどると南宋末の画院画家にまで及ぶことから,周臣一派を院派とも称している。山水・人物画を得意とし,巧緻な描写形式を示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

周臣の関連キーワード高倉在孝馬遠李士達許道寧荊浩周昉董源張萱馬和之荆浩

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone