コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院派 いんぱ

7件 の用語解説(院派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

院派
いんぱ

平安時代後期から長く造仏界で活躍した仏師団の呼称。七条大宮に住した仏師の院助,院覚,院尊,院慶,院実,院範,六条万里小路にいた仏師の院朝,院尚など,その名に院の1字を用いるものが多かったので,後世この系統の仏師団を院派と呼んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

院派
いんぱ
Yuan-pai

中国,明の中頃,浙派 (せっぱ) と呉派の交代期に現れた周臣唐寅 (とういん) ,仇英らの画派。仇英は唐寅に,唐寅は周臣に,周臣は陳暹 (ちんせん) に学び,陳暹は盛懋 (せいぼう) の,盛懋は南宋の画院画家であった父の盛洪や陳かくの画風を学んだため,この画派が究極において南宋画院絵画の系譜に属するので院派と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いん‐ぱ〔ヰン‐〕【院派】

平安後期から鎌倉時代にかけて、京都に造仏所を置いていた仏師の一派。院助・院覚など名が「院」で始まる仏師が多かったため、後世名づけたもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

院派【いんぱ】

鎌倉時代に活躍した木仏師の一派。定朝の孫院助(いんじょ)〔?-1109〕の系統に属し,院尊など名前に院の字を冠するので,慶派円派などに対して院派の名がある。新興の慶派に対し,院派は京都に本拠を置いて,平安時代以来の保守的な作風を守った。
→関連項目唐寅

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いんぱ【院派】

平安時代の中ごろ以降組織化された仏師の一派で,名前の頭に〈院〉を冠することから院派仏師と呼ばれている。初代は覚助の弟子院助。仏師系図には,この一派の工房があった京都の地名をとって,七条大宮仏所六条万里小路仏所と記すものもある。平安時代には,皇家や貴族の仏像を造ることが多く,院助院覚,院朝,院尊などが出て,最も勢力のある一派であった。鎌倉時代の前半には,運慶を中心にした慶派仏師に押されたが,後半から南北朝時代にかけては関東地方の禅宗・律宗関係寺院に進出する一方,将軍家仏師になるなど,多くの仏像を造立している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

いんぱ【院派】

仏師の一派。平安後期から鎌倉時代にかけて活躍した七条大宮仏所・六条万里小路仏所の系統の称。院助・院朝・院覚・院尊ら院の字のついた仏師名が多いところから後世この呼称が生まれた。 → 慶派

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

院派
いんぱ

平安後期から鎌倉、室町時代にかけて続いた仏師の系統の通称。仏師の祖といわれた定朝(じょうちょう)の孫にあたる院助を祖とする七条大宮仏所、およびその分派たる院朝を祖とする六条万里小路(までのこうじ)仏所に属する仏師たちは、その名に院の字を付する者が多いので、後世この流派を院派とよんでいる。また、これらの仏所の正式名称は京都における所在地を示している。この派は院助、院覚、院尊らの活躍もあって、一時は造仏界に君臨する勢いをも示した。その作風は和様彫刻の流れをくんで、やさしく品格のあるもののようであったが、反面伝統的な形式化したもので、造形的な厳しさに欠けるところがあった。そのため見た目の美しさを求める藤原貴族の趣向にかなってはいても、鎌倉武士階級の好みではなく、また院尊以後実力者の出なかったことも原因して、鎌倉時代初頭の南都二大寺の復興を転機にしだいに衰え、貴族階級など旧文化層のなかで惰性的に造像をすることで余命を保った。[佐藤昭夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の院派の言及

【慶派】より

…中央から除外された慶派の運命を変えたのは,治承の南都焼亡(1180)による興福寺,東大寺の復興造営と鎌倉武家政権の成立である。南都復興の最初に行われた興福寺の造営では,慶派は院派円派に主要な堂塔の造仏をゆずらねばならず,慶派直系の康朝の子成朝は中央で閉ざされた道を鎌倉で開くべく下向している。しかし,つづく東大寺の造仏では,慶派がほとんど独占することになった。…

【仏所】より

…日本の職業的仏師の最初といわれる定朝やその子,また弟子が,各自こうした仏所をつくっている。定朝の子覚助に始まり,鎌倉時代に運慶,快慶をはじめ多くの名工を生んだ七条仏所(慶派),弟子の長勢から出た三条仏所(円派),覚助の子院助に発する七条大宮仏所(院派)などがそれである。いずれも仏所の所在地を示しているようであるが,こうした呼称は鎌倉時代も後半以降のことのようで,当初はこうした呼び方ではなく,それぞれの大仏師の名を冠して呼んだのではないかと推定される。…

※「院派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

院派の関連キーワード円派百済楽慶派社会組織造仏所組織化仏師仏所大仏師宗慶(1)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

院派の関連情報