コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周転円説 しゅうてんえんせつepicycle theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周転円説
しゅうてんえんせつ
epicycle theory

ギリシア時代に地球中心として (固定して) 複雑な惑星の運動を記述するために考えられた学説の一つ。地球を中心とする誘導円の円周上の1点を中心とするもう1つの円を考え,後者,すなわち周転円の円周上を惑星が動くとした。これによって地球と惑星との間の距離の変化や角度の速度の変化が説明できる。ヒッパルコスに始り,プトレマイオスによってこの説が確立され,観測天文学の進歩に役立ったが,究極的には太陽を中心とするコペルニクス地動説に座を譲ることになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

周転円説の関連キーワードイブン・アル・シャーティルアポロニオス(数学者)コペルニクス体系ヘラクレイデスビトルージーアルマゲスト天動説寛政暦

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android