周防祖生(そお)の柱松行事

デジタル大辞泉プラスの解説

周防祖生(そお)の柱松行事

山口県岩国市周東町祖生の中村、山田、落合の3地区に伝わる民俗行事。地域ごとに若干の相違はあるが、いずれも8月に行われる火祭りで、農耕用の牛馬が疫病で多く死んだことを機に、鎮魂・除災を目的に始められたことは共通。高いものでは20メートルほどにもなる胴木の先にかんなくずなどを入れた円錐形の鉢を置き、松明を投げ入れて点火の早さを競う。「祖生の三本松」ともいう。1989年、国の重要無形民俗文化財に指定。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android