コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周防鋳銭司遺跡 すおうすぜんじいせき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

周防鋳銭司遺跡
すおうすぜんじいせき

山口県山口市大字鋳銭司にある鋳銭司遺跡。 1910年に発見。 66年字大畠の地の発掘で長年大宝が出土し,鋳銭の工房跡のあることが確認された。 71年,同地付近に工場誘致の可否を決めるための予察調査が実施され,広範囲にわたる遺物包含層や柱穴と1個の井戸跡から,土師器 (はじき) と須恵器,青磁,鞴口,坩堝,鉄製品,鉱滓や古瓦が出土し,工房跡の実在が指摘された。工場誘致を目的とする記録保存の調査と,遺跡の保存を前提とする調査をめぐって紛争があったが,学会や守る会と市民の努力で,72年国,県,市による分布範囲の確認調査が行われた。平安時代の土器や建物跡の柱穴群と鋳損じの銅銭などが出土し,ほぼ2町域に鋳銭関係の工房や倉庫の遺構の存在が明らかになり,73年3月国の史跡に指定された。同地近辺や大字陶 (すえ) にも,鋳銭関係の遺跡の存在が推定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

周防鋳銭司遺跡の関連キーワード和同開珎

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android