コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坩堝 カンカ

デジタル大辞泉の解説

かん‐か〔‐クワ〕【××堝】

るつぼ。

る‐つぼ【坩堝】

《「鋳(い)る壺」あるいは「炉壺」の意からか》中に物質を入れて加熱し、溶解焙焼(ばいしょう)・高温処理などを行う耐熱製の容器。金属製・黒鉛製・粘土製などがある。
熱狂的な興奮に沸いている状態。「会場が興奮の坩堝と化す」
種々のものが混じり合っている状態や場所。「人種の坩堝

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんか【坩堝】

るつぼ。

るつぼ【坩堝】

化学実験などで、物質を溶融し、または焙焼する場合に用いる耐熱性容器。石英製・陶磁製・金属製などがある。
熱く激しい気分がみなぎっていることのたとえ。 「場内は興奮の-と化した」
種々のものが混ざっている状態のたとえ。 「人種の-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

坩堝の関連キーワードモハッシェタ・デビ酸化マグネシウムシェーストレーム周防鋳銭司遺跡飛鳥池工房遺跡前田 房之助スペイン美術鈴木 久五郎長門鋳銭所跡唐古・鍵遺跡周防鋳銭司跡無定形炭素飛鳥池遺跡後瀬山城跡狂騒・狂躁日本ルツボガダマー坩堝挟み天草諸島伊藤大輔

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坩堝の関連情報