コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呻吟語摘 しんぎんごてきShen-yin-yu-zhe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呻吟語摘
しんぎんごてき
Shen-yin-yu-zhe

中国,明の学者呂坤 (りょこん) の著。2巻。万暦 20 (1592) 年刊の『呻吟語』は6巻あったが,同 44年刊の『呻吟語摘』は2巻となり,後者が流布している。内外2編 16項目に分け,修身道徳に関する実践躬行の教訓を述べ,学問,政治,詩文などについて批判している。当時の朱子学に批判を加え,実行を主とする独自の主張を展開しており,明代の新しい思想傾向を示すものとして注目されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android