命の限り(読み)いのちのかぎり

精選版 日本国語大辞典「命の限り」の解説

いのち【命】 の 限(かぎ)

① 寿命の果て。死期。
※源氏(1001‐14頃)薄雲「いのちのかぎりしり顔に侍らむも『人やうたてことごとしう思はむ』と、はばかりてなむ」
② 命の続く限り。生きている間。
※続後拾遺(1326)恋三・八五二「いかりおろす舟の縄手は細くとも命のかぎりたえじとぞ思ふ〈素性〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「命の限り」の解説

いのち‐の‐かぎり【命の限り】

命のある間じゅう。生命の続く限り。命限り。「命の限り愛する」
命の尽きる時。死期。
「とあるもかかるも、同じ―あるものになむある」〈夕顔

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android