和泉櫛(読み)いずみくし

事典 日本の地域ブランド・名産品「和泉櫛」の解説

和泉櫛[木工]
いずみくし

近畿地方、大阪府の地域ブランド。
貝塚市・岸和田市で製作されている。6世紀後半頃、8種類のつくりの器具を持った異国人貝塚市二色のに流れ着き、櫛の製法を伝授したという言い伝えがある。江戸時代中期には多数の櫛職人がいたという。素材である本柘植は、静電気を起こしにくい特徴をもち、髪を傷めない。使用すればするほど美しい飴色の光沢を増す。現在では伝統的な日本髪以外にも髪形に応じた新製品がつくられ、高級櫛として親しまれている。大阪府伝統工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

デジタル大辞泉プラス「和泉櫛」の解説

和泉櫛

大阪府貝塚市、岸和田市などで生産される柘植製の櫛。飛鳥時代、貝塚市二色の浜に漂着した外国人から製法を学んだとされる。大阪府知事指定伝統工芸品。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android