コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸和田市 きしわだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岸和田〔市〕
きしわだ

大阪府南部,大阪湾岸から和泉山脈北斜面に広がる市。1922年市制。1948年までに春木(はるき)町,山直(やまだい)町ほか 5村を編入。中心市街地の岸和田は,江戸時代,岡部氏 5万3000石の城下町で,和泉木綿の集散地としても知られた。明治中頃から紡績,織物業が発達,泉州紡織工業地域の一中心地となった。第2次世界大戦後,岸和田港一帯に臨海工業埋立地が造成され,大阪鉄工金属団地が進出,隣接する忠岡町の海岸にかけて木材コンビナートも建設された。農村部では米作のほか野菜,花卉の栽培や酪農が行なわれる。積川(つがわ)神社本殿,兵主(ひょうず)神社本殿は重要文化財。岸和田城,摩湯(まゆ)山古墳(史跡),久米田池,久米田寺,積川神社などがあり,南西端の和泉葛城山のブナ林は天然記念物に指定。毎年 9,10月に行なわれる岸和田だんじり祭は泉州(せんしゅう)の代表的秋祭の一つ。JR阪和線,南海電気鉄道本線,国道26号線,阪和自動車道が通り,岸和田和泉インターチェンジがある。面積 72.68km2。人口 19万4911(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きしわだ‐し【岸和田市】

岸和田

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岸和田市の関連キーワード大阪府岸和田市春木大小路町大阪府岸和田市春木宮川町大阪府岸和田市春木南浜町大阪府岸和田市春木北浜町大阪府岸和田市春木若松町大阪府岸和田市春木大国町大阪府岸和田市春木宮本町大阪府岸和田市阿間河滝町大阪府岸和田市岸之浦町大阪府岸和田市地蔵浜町大阪府岸和田市春木旭町大阪府岸和田市土生滝町大阪府岸和田市春木中町大阪府岸和田市春木本町大阪府岸和田市春木元町大阪府岸和田市神須屋町大阪府岸和田市東ケ丘町大阪府岸和田市下池田町大阪府岸和田市東大路町大阪府岸和田市春木泉町

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岸和田市の関連情報