和田助氏(読み)にぎた すけうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田助氏 にぎた-すけうじ

?-? 南北朝時代の武将。
和田助泰の子。南朝方につき,河内(かわち)・和泉(いずみ)(大阪府)で北朝軍とたたかう。延文5=正平(しょうへい)15年(1360)南朝から和泉近木郷などの所領,所職(しょしき)をみとめられたが,同年北朝軍の畠山国清に降伏。応安2=正平24年南朝にもどったが,応安7=文中3年ふたたび北朝に投降した。通称は左衛門蔵人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android