和田助氏(読み)にぎた すけうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田助氏 にぎた-すけうじ

?-? 南北朝時代の武将。
和田助泰の子。南朝方につき,河内(かわち)・和泉(いずみ)(大阪府)で北朝軍とたたかう。延文5=正平(しょうへい)15年(1360)南朝から和泉近木郷などの所領,所職(しょしき)をみとめられたが,同年北朝軍の畠山国清に降伏。応安2=正平24年南朝にもどったが,応安7=文中3年ふたたび北朝に投降した。通称は左衛門蔵人。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる