コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田正忠 わだ まさただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田正忠 わだ-まさただ

?-? 南北朝時代の武将。
楠木(くすのき)氏の一族。観応(かんのう)3=正平(しょうへい)7年(1352)後村上天皇の京都回復にくわわり,楠木正儀(まさのり)らと足利義詮(よしあきら)を近江(おうみ)(滋賀県)に敗走させたが,まもなく幕府軍に奪回される。荒坂山の戦いで細川清氏らの軍と交戦。男山八幡の陥落後,河内(かわち)(大阪府)で再挙をはかるうちに病没。通称は五郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

和田正忠の関連キーワード南北朝時代土岐康貞

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android