コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田正忠 わだ まさただ

1件 の用語解説(和田正忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田正忠 わだ-まさただ

?-? 南北朝時代の武将。
楠木(くすのき)氏の一族。観応(かんのう)3=正平(しょうへい)7年(1352)後村上天皇の京都回復にくわわり,楠木正儀(まさのり)らと足利義詮(よしあきら)を近江(おうみ)(滋賀県)に敗走させたが,まもなく幕府軍に奪回される。荒坂山の戦いで細川清氏らの軍と交戦。男山八幡の陥落後,河内(かわち)(大阪府)で再挙をはかるうちに病没。通称は五郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

和田正忠の関連キーワード楠木上山高元楠木正家楠木正勝楠木正元淡輪助重橋本正茂和田正隆和田正武和田正朝

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone