コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田正武 わだ まさたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田正武 わだ-まさたけ

?-? 南北朝時代の武将。
楠木(くすのき)氏の一族。延文5=正平(しょうへい)15年(1360)南朝方として河内(かわち)(大阪府)の赤坂城で幕府軍の攻撃を楠木正儀(まさのり)とともにふせぐ。のち北朝方の箕浦俊定を攻め,さらに摂津兵庫の赤松光範(みつのり)とたたかったが,正儀の投降を知り大和(奈良県)吉野に退却した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

和田正武の関連キーワードキルギス(国)南北朝時代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android