コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田正武 わだ まさたけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田正武 わだ-まさたけ

?-? 南北朝時代の武将。
楠木(くすのき)氏の一族。延文5=正平(しょうへい)15年(1360)南朝方として河内(かわち)(大阪府)の赤坂城で幕府軍の攻撃を楠木正儀(まさのり)とともにふせぐ。のち北朝方の箕浦俊定を攻め,さらに摂津兵庫の赤松光範(みつのり)とたたかったが,正儀の投降を知り大和(奈良県)吉野に退却した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

和田正武の関連キーワードキルギス(国)南北朝時代

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android