コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤坂城 あかさかじょう

6件 の用語解説(赤坂城の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤坂城
あかさかじょう

大阪府千早赤阪村にあり,元弘1=元徳3 (1331) 年,後醍醐天皇の召に応じて楠木正成鎌倉幕府軍を防ぐために本拠として構えた城。南は山岳,東南は断崖で,上,下に2つの城があった。正成は,元弘の乱では下赤坂城に拠ったが,幕府軍に攻められ陥落,元弘2 (32) 年千早城に再挙して上赤坂城を築いたが,翌年閏2月に陥落。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あかさか‐じょう〔‐ジヤウ〕【赤坂城】

鎌倉末期に楠木正成(くすのきまさしげ)が築いた城。大阪府南河内郡千早赤阪村にその跡がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

赤坂城【あかさかじょう】

元弘の乱楠木正成が立てこもった,大阪府南河内千早赤阪村にあった山城。1331年正成挙兵と同時にその本拠(下赤坂城)としたが,鎌倉幕府の大軍に攻められて陥落,正成はのがれて翌年千早城に拠って抗戦し,上赤坂城を築いたが陥落。
→関連項目金剛山(日本)千早赤阪[村]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

あかさかじょう【赤坂城】

河内国石川郡赤坂(現,大阪府南河内郡千早赤阪村)にあった山城。上・下の2城からなり,元弘の乱にさいし楠木正成が挙兵した城として著名。正成は1331年(元弘1)後醍醐天皇の笠置没落とともに挙兵した。これが下赤坂城で,近くに正成館の伝承地がある。この城は急造の城で,塀を二重にするなど工夫をこらし,正成は知謀をつくして戦ったものの長期間支えることができず,みずから城を焼いておちのびた。落城の状況から幕府方は正成の自害を疑わなかったが,このあたり鎌倉武士と畿内悪党との考え方の差がみられて興味ぶかい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あかさかじょう【赤坂城】

赤坂にあった城。元弘の変(一三三一)で楠木正成挙兵の本拠となったものを下赤坂城といい、間もなく落城。翌年上赤坂城を築き、部将平野将監しようげんに守らせたが、その翌年落城した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤坂城
あかさかじょう

鎌倉末期から南北朝期に楠木(くすのき)氏が拠(よ)った城。上赤坂城と下赤坂城の二つからなり、ともに大阪府南河内(かわち)郡千早(ちはや)赤阪村にある。千早城を詰めの城、上赤坂城を本城、下赤坂城を前衛の城とするもので、1331年(元弘1)笠置(かさぎ)山城が落ちた直後、楠木正成(くすのきまさしげ)が護良親王を奉じて、本丸、二の丸、三の丸、出丸からなる下赤坂城を築いたのが始まりである。正成は奇計をもって鎌倉幕府の大軍を悩ませたが、同年10月に攻め落とされた。上赤坂城は、翌1332年、正成が千早城に再挙したときに築かれた山城(やまじろ)で、楠木氏の本城とされ、部将の平野将監(ひらのしょうげん)が守っていた。本丸、二の丸の二つの曲輪(くるわ)からなり、周囲には帯曲輪がみられる。1360年(正平15・延文5)北朝方の細川清氏(ほそかわきようじ)に攻められて陥落した。[小和田哲男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤坂城の関連キーワード大阪府南河内郡千早赤阪村東阪大阪府南河内郡千早赤阪村川野辺大阪府南河内郡千早赤阪村桐山大阪府南河内郡千早赤阪村小吹大阪府南河内郡千早赤阪村水分大阪府南河内郡千早赤阪村千早大阪府南河内郡千早赤阪村中津原大阪府南河内郡千早赤阪村二河原辺大阪府南河内郡千早赤阪村森屋大阪府南河内郡千早赤阪村吉年

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤坂城の関連情報