コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤坂城 あかさかじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤坂城
あかさかじょう

大阪府千早赤阪村にあり,元弘1=元徳3 (1331) 年,後醍醐天皇の召に応じて楠木正成が鎌倉幕府軍を防ぐために本拠として構えた城。南は山岳,東南は断崖で,上,下に2つの城があった。正成は,元弘の乱では下赤坂城に拠ったが,幕府軍に攻められ陥落,元弘2 (32) 年千早城に再挙して上赤坂城を築いたが,翌年閏2月に陥落。その後南北朝内乱期にも修繕されて北朝軍に対する楠木氏らの本拠となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

赤坂城【あかさかじょう】

元弘の乱楠木正成が立てこもった,大阪府南河内郡千早赤阪村にあった山城。1331年正成挙兵と同時にその本拠(下赤坂城)としたが,鎌倉幕府の大軍に攻められて陥落,正成はのがれて翌年千早城に拠って抗戦し,上赤坂城を築いたが陥落。
→関連項目金剛山(日本)千早赤阪[村]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あかさかじょう【赤坂城】

河内国石川郡赤坂(現,大阪府南河内郡千早赤阪村)にあった山城。上・下の2城からなり,元弘の乱にさいし楠木正成が挙兵した城として著名。正成は1331年(元弘1)後醍醐天皇の笠置没落とともに挙兵した。これが下赤坂城で,近くに正成館の伝承地がある。この城は急造の城で,塀を二重にするなど工夫をこらし,正成は知謀をつくして戦ったものの長期間支えることができず,みずから城を焼いておちのびた。落城の状況から幕府方は正成の自害を疑わなかったが,このあたり鎌倉武士と畿内悪党との考え方の差がみられて興味ぶかい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

あかさかじょう【赤坂城】

赤坂にあった城。元弘の変(一三三一)で楠木正成挙兵の本拠となったものを下赤坂城といい、間もなく落城。翌年上赤坂城を築き、部将平野将監しようげんに守らせたが、その翌年落城した。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤坂城
あかさかじょう

鎌倉末期から南北朝期に楠木(くすのき)氏が拠(よ)った城。上赤坂城と下赤坂城の二つからなり、ともに大阪府南河内(かわち)郡千早(ちはや)赤阪村にある。千早城を詰めの城、上赤坂城を本城、下赤坂城を前衛の城とするもので、1331年(元弘1)笠置(かさぎ)山城が落ちた直後、楠木正成(くすのきまさしげ)が護良親王を奉じて、本丸、二の丸、三の丸、出丸からなる下赤坂城を築いたのが始まりである。正成は奇計をもって鎌倉幕府の大軍を悩ませたが、同年10月に攻め落とされた。上赤坂城は、翌1332年、正成が千早城に再挙したときに築かれた山城(やまじろ)で、楠木氏の本城とされ、部将の平野将監(ひらのしょうげん)が守っていた。本丸、二の丸の二つの曲輪(くるわ)からなり、周囲には帯曲輪がみられる。1360年(正平15・延文5)北朝方の細川清氏(ほそかわきようじ)に攻められて陥落した。[小和田哲男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

赤坂城の関連キーワード金剛生駒紀泉国定公園千早赤阪(村)千早赤阪[村]楠木合戦注文光明寺残篇長崎高貞小山秀朝尊良親王護良親王本間資忠人見恩阿恩地左近金沢貞冬本間資貞和田正武大仏貞直金剛山城攻め

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android