コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田為泰 わだ ためやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田為泰 わだ-ためやす

1832-1869 幕末の武士。
天保(てんぽう)3年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩主一門伊達宗賢(むねやす)の次男。和田家をつぎ,戊辰(ぼしん)戦争では参謀として海岸防備にあたる。奉行にすすんだが,藩内抗争のため新政府鎮撫(ちんぶ)使の派遣をまねいて捕らえられ,明治2年4月14日切腹を命じられた。38歳。字(あざな)は直恒。通称は織部。号は豹堂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

和田為泰の関連キーワード和田織部

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android