コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田理左衛門 わだ りざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田理左衛門 わだ-りざえもん

?-1667 江戸時代前期の貿易商。
寛永3年(1626)妻とともにトンキン(ベトナム北部)に移住し,貿易に従事。承応(じょうおう)元年(1652)にはトンキン第2位の高官となり,外国人貿易を統轄した。寛文7年7月29日同地で死去。死後,資産すべてを没収された。肥前長崎出身。洗礼名はパウロ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

和田理左衛門

没年:寛文7.7.29(1667.9.17)
生年:生年不詳
17世紀トンキン在住の貿易商人。長崎出身,洗礼名パウロ。夫人は同郷のウルスラ,承応2(1653)年その死に際し盛大な葬儀をトンキンの教会で営む。初めシヌア(清華)村の頭人,のち同国を拠点にマカオ,シャム,バタビアなどの貿易に従事。寛永15(1638)年オランダ商館建設を請け負って以来オランダ商人との関係を深め,オランダ船で日本から銀を入手する。承応1年トンキン国第2位の地位にのぼりマンダリン(高官)として外国人貿易を統轄。王都郊外に領地を所有したが,死後,領地・財産を没収された。<参考文献>永積洋子「17世紀中期日本・トンキン貿易について」(『城西大学大学院研究年報』8号)

(五野井隆史)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

和田理左衛門の関連キーワードハルツィンク

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android