コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田理左衛門 わだ りざえもん

2件 の用語解説(和田理左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和田理左衛門 わだ-りざえもん

?-1667 江戸時代前期の貿易商。
寛永3年(1626)妻とともにトンキン(ベトナム北部)に移住し,貿易に従事。承応(じょうおう)元年(1652)にはトンキン第2位の高官となり,外国人貿易を統轄した。寛文7年7月29日同地で死去。死後,資産すべてを没収された。肥前長崎出身。洗礼名はパウロ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

和田理左衛門

没年:寛文7.7.29(1667.9.17)
生年:生年不詳
17世紀トンキン在住の貿易商人。長崎出身,洗礼名パウロ。夫人は同郷のウルスラ,承応2(1653)年その死に際し盛大な葬儀をトンキンの教会で営む。初めシヌア(清華)村の頭人,のち同国を拠点にマカオ,シャム,バタビアなどの貿易に従事。寛永15(1638)年オランダ商館建設を請け負って以来オランダ商人との関係を深め,オランダ船で日本から銀を入手する。承応1年トンキン国第2位の地位にのぼりマンダリン(高官)として外国人貿易を統轄。王都郊外に領地を所有したが,死後,領地・財産を没収された。<参考文献>永積洋子「17世紀中期日本・トンキン貿易について」(『城西大学大学院研究年報』8号)

(五野井隆史)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和田理左衛門の関連キーワードトンキン肉桂貿易商アビラ=ヒロンオーストンコッキングゴンサロ砂糖屋総左衛門末次平蔵(初代)宗金ル=メール

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone