コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和田義盛の妻 わだ・よしもりのつま

朝日日本歴史人物事典の解説

和田義盛の妻

生年:生没年不詳
鎌倉前期の武家の女性。豊受大神宮七社の禰宜度会康高の娘。建保1(1213)年の義盛の乱により和田一族の所領は没収されたが,義盛の妻の所領は同神宮の御厨であったので本宮に返され,その身も恩赦にあずかった。将軍源実朝の神を敬う心によるところも大であったが,謀反人の妻の縁座にも裁量の余地があったことを示す事例として興味深い。

(田端泰子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

和田義盛の妻の関連キーワード横山時兼渋谷重国巴御前

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android