コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咬耗 こうもうattrition

翻訳|attrition

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

咬耗
こうもう
attrition

噛むことによってがすりへっていくこと。その程度は,食物の固さ,歯質性状,噛み合う力の強弱,歯ぎしりの習慣などに左右され,一定しない。軽度の場合はエナメル質のみ,中等度では象牙質まで,高度では歯髄腔まで達する。一般に咬耗面は平滑であるが,その辺縁が鋭くとがって頬粘膜や舌を傷つける場合には,褥瘡性潰瘍を生じることがあるので,削って研磨しておく必要がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

咬耗の関連キーワードディプロドクス形態学的年齢第2象牙質縄文時代人知覚過敏症個人識別牛歯化咬耗症

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android