コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

褥瘡性潰瘍 じょくそうせいかいよう decubital ulcer

2件 の用語解説(褥瘡性潰瘍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

褥瘡性潰瘍
じょくそうせいかいよう
decubital ulcer

組織が圧迫されて長い間循環が阻害されると,その部分は壊死に陥り,潰瘍を生じる。褥瘡(床ずれ)がそれである。口腔内では,う蝕(虫歯)のために欠けた歯の鋭い縁や,適合の悪い義歯の縁などで長期間圧迫され,摩擦されたとき,舌,歯肉,粘膜に潰瘍が生じる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家庭医学館の解説

じょくそうせいかいよう【褥瘡性潰瘍 Decubital Ulcer】

[どんな病気か]
 口腔粘膜(こうくうねんまく)に発生する潰瘍ですが、おもに機械的な刺激が加わっておこるので、褥瘡(とこずれと同じ意味)という名がついています。
[症状]
 刺激が加わる部位にほぼ一致して、周囲がややもりあがった潰瘍やびらん(ただれ)ができます。
 刺激が長く続くと、周囲にしこりが生じたり、表面に凹凸や白い斑点(はんてん)が生じたりすることもあります。
[原因]
 むし歯のとがったふち、合わない義歯(ぎし)、破損した義歯、歯の充填物(じゅうてんぶつ)や金属冠、誤った方向に生えている歯、歯石(しせき)などの粘膜への刺激が原因になります。
[治療]
 歯科で、刺激するものを取り除く治療を受ければ治ります。
 刺激が続くと口腔がんの誘因になることもあるので、早く治療しましょう。
 また、口腔がんと見分けにくいことがあります。原因を取り除いてもなかなか治らない場合は、早く耳鼻科(じびか)や口腔外科を受診しましょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

褥瘡性潰瘍の関連キーワード口内炎コステン症候群口腔口腔鏡口腔衛生口腔内科口腔がん検診の日カタル性口内炎口底炎口腔底蜂巣織炎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone