コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咳払い セキバライ

デジタル大辞泉の解説

せき‐ばらい〔‐ばらひ〕【×咳払い】

[名](スル)存在を示そうと、わざと咳をすること。また、その咳。こわづくり。「咳払いしてに着く」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

せきばらい【咳払い】

( 名 ) スル
合図や人の注意をひくために、わざと咳をすること。 「 -して壇上に登る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

咳払いの関連キーワードトゥレット症候群喉頭ポリープホルスト蛙態とらしい声帯結節止動方角言語音チック乙う失禁空咳壇上

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

咳払いの関連情報