コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咽頭腫瘍 いんとうしゅようneoplasms of the pharynx

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

咽頭腫瘍
いんとうしゅよう
neoplasms of the pharynx

上中下の各咽頭に生じる良性および悪性腫瘍。発生部位によって,腫瘍の性質や治療の方針などが違ってくる。上咽頭では上咽頭線維腫など比較的良性のものもあるが,臨床上しばしば問題となるのは上咽頭 (鼻咽腔) 癌である。いわゆる移行細胞癌が最も多く,悪性リンパ腫,分化型扁平上皮癌がこれに次ぐ。中咽頭にもいくつかの良性腫瘍が生じる。悪性腫瘍としては,口蓋扁桃ではおもに悪性リンパ腫,前・後口蓋弓では扁平上皮癌が多い。下咽頭には良性腫瘍はまれで,悪性腫瘍は癌腫が多い。上咽頭癌は頑固な滲出性中耳炎,頸部リンパ節腫脹などが最初に現れることが多いので,原発部位が見逃されやすい。中咽頭腫瘍も,初期には扁桃炎や咽頭潰瘍との鑑別が重要になる。下咽頭癌の初期症状は咽喉部の軽い異常感のことが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

咽頭腫瘍の関連キーワード耳痛の原因となる歯、口腔、あご、のどの病気鼻出血(鼻血)耳管狭窄

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android