癌腫(読み)がんしゅ

精選版 日本国語大辞典の解説

がん‐しゅ【癌腫】

〘名〙
① 上皮組織から発生した悪性腫瘍(しゅよう)。肉腫とともに癌と総称されている。癌細胞が互いに密接して固まり、線維や粘液物質などが取り巻いて蜂窩状構造をなす。〔医語類聚(1872)〕
② 比喩的に、ある機構や組織の中で大きな障害となっているもの。癌。
※兆民文集(1909)〈中江兆民〉放言「社会の癌腫たる条約改正事件に就て」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の癌腫の言及

【癌】より

…これに対し,筋肉,骨,血管,脂肪,繊維等は非上皮性組織である。上皮細胞由来の悪性腫瘍を癌腫carcinoma,非上皮細胞由来の悪性腫瘍を肉腫sarcomaと呼ぶ。神経系腫瘍や生殖細胞系腫瘍,また多胚葉性である奇形腫は,とくに癌腫,肉腫といわない。…

※「癌腫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報