哀惜(読み)あいせき

精選版 日本国語大辞典「哀惜」の解説

あい‐せき【哀惜】

〙 人のなどを悲しみしむこと。また、過ぎ去ったことに心ひかれて惜しむこと。
※白石先生手簡(1725頃)五「同じくほねをおらせにも、子細有べく候事と、今更遺憾哀惜の事共に候」
経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「空しく鬼籍に入りたることを深く哀惜して止まざりけり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android