コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愁傷 シュウショウ

大辞林 第三版の解説

しゅうしょう【愁傷】

( 名 ) スル
嘆き悲しむこと。 「娘二人はいかにも-致しまして/真景累ヶ淵 円朝」 → 御愁傷様

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

愁傷の関連キーワードお悔やみの挨拶和泉今日子井出みな子小久保丈二清水ミチコ村上 冬樹例えを取る岩本多代新山千春御愁傷様和田洋一佐藤友紀和泉聖治斯波義将橋爪功

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android