愁傷(読み)しゅうしょう

精選版 日本国語大辞典「愁傷」の解説

しゅう‐しょう シウシャウ【愁傷】

〘名〙
① 人に死なれて嘆き悲しむこと。また、その嘆きや悲しみ。
※応永本論語抄(1420)先進第一一「回が死たるよし、〈略〉孔子す」
② 気の毒なこと。→御愁傷様(ごしゅうしょうさま)
※地蔵菩薩霊験記(16C後)三「さては此の尊の我強に貧乏愁傷(シウシャウ)の念を意輪に鑒機して」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「愁傷」の解説

しゅう‐しょう〔シウシヤウ〕【愁傷】

[名](スル)
嘆き悲しむこと。また、その悲しみ。
「生き残った妻子の―は」〈二葉亭浮雲
相手を気の毒に思うこと。→御愁傷様ごしゅうしょうさま
「誠にお―でのう」〈円朝真景累ヶ淵
[類語]哀悼追悼哀惜悼む悔やむ弔う弔する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android