コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

品種鑑定 ひんしゅかんていvariety determination

知恵蔵の解説

品種鑑定

コメや野菜や食肉などで、DNAを調べ品種を特定すること。RAPD(Random Amplified Polymorphic DNA:任意増幅多型性DNA)法などが用いられる。RAPD法は、PCR法の変法で、まず、乱数表などにより任意の塩基配列を多種類定め、それらの塩基配列をもつDNA断片を化学合成する。次に、それらのDNA断片が結合するゲノム部分をPCR法によって増幅する。増幅されるゲノム部分が品種によって違うことがあり、この違いを用いて品種を特定できる。ゲノムの全塩基配列の情報は必要としない。コメの品種はRAPD法により特定でき、市販のコメの表示の科学的検証ができるようになった。

(川口啓明 科学ジャーナリスト / 菊地昌子 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

品種鑑定の関連キーワード組換えDNADNA鑑定遺伝子工学DNA遺伝子核酸逆転写酵素制限酵素PCR遺伝的組換え

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android