コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

品種鑑定 ひんしゅかんてい variety determination

1件 の用語解説(品種鑑定の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

品種鑑定

コメや野菜や食肉などで、DNAを調べ品種を特定すること。RAPD(Random Amplified Polymorphic DNA:任意増幅多型性DNA)法などが用いられる。RAPD法は、PCR法の変法で、まず、乱数表などにより任意の塩基配列を多種類定め、それらの塩基配列をもつDNA断片を化学合成する。次に、それらのDNA断片が結合するゲノム部分をPCR法によって増幅する。増幅されるゲノム部分が品種によって違うことがあり、この違いを用いて品種を特定できる。ゲノムの全塩基配列の情報は必要としない。コメの品種はRAPD法により特定でき、市販のコメの表示の科学的検証ができるようになった。

(川口啓明 科学ジャーナリスト / 菊地昌子 科学ジャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

品種鑑定の関連キーワードDNA指紋米屋食肉煮付けるめや炒める旨煮米刺米屋被りトウガラシ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone