コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

哲学者の石(読み)てつがくしゃのいし(英語表記)lapis philosophorum; philosopher's stone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

哲学者の石
てつがくしゃのいし
lapis philosophorum; philosopher's stone

中世の錬金術において,卑金属を金に転換する能力をもつと信じられた想像上の石あるいは物質。これはまた不老長寿の薬ともみなされ,必死に捜し求められた。ここから転じて,現代では人間の精神的新生を可能にするような原理あるいは概念をさすことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の哲学者の石の言及

【賢者の石】より

…〈哲学者の石〉ともいう。賢者・哲学者はともに錬金術師の意。…

※「哲学者の石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android