唇亡歯寒(読み)シンボウシカン

精選版 日本国語大辞典の解説

しんぼう‐しかん シンバウ‥【唇亡歯寒】

〘名〙 (がなくなればが寒いの意) 互いに助け合う関係にあるものの一方が滅びると、他の一方の存在も危うくなることのたとえ。→唇亡びて歯寒し
西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉二「仏蘭西王の威勢を見て唇亡歯寒の患を恐れ日耳曼、連国、西班牙、の三国兵を出して和蘭を援け」 〔春秋左伝‐僖公五年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android