唇亡びて歯寒し(読み)クチビルホロビテハサムシ

精選版 日本国語大辞典の解説

くちびる【唇】=亡(ほろ)びて[=竭(つ)きて]歯(は)(さむ)

互いに助け合う関係にある者の一方が滅びると、他の一方の存在も危うくなることのたとえ。〔新撰字解(1872)〕〔春秋左伝‐僖公五年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

唇亡びて歯寒し

互いに助け合う関係にあるものの一方が滅びると、他の一方の存在も危うくなることのたとえ。を守るはたらきをしているところからいう。

[解説] 「春秋左伝―僖公五年」にあることば。

[類句] 唇つきて歯寒し

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

唇亡びて歯寒し

互いに助け合う関係にあるものの一方が滅びると、他の一方の存在も危うくなることのたとえ。

[使用例] やがてはお屋形様も美濃を追われ、弟君にその地位を奪われる憂目にお遭いなされましょう。古語にもござる、唇亡ンデ歯寒シ、と[司馬遼太郎国盗り物語|1963~66]

[由来] 古代中国でよく使われたことわざ。たとえば、「春秋左氏伝こう五年」には、次のような話があります。紀元前七世紀、大国のしんが、かくという小国を攻めるため、という小国に、軍隊が通過する許可を求めたことがありました。虞の君主はそれを受け入れようとしましたが、ある大臣は、「ことわざに『唇亡びて歯寒し(唇がなくなると、それに守られている歯は寒くなる)』というのは、虢と虞の関係のことです」と言い、虢がなくなると自分たちの安全がおびやかされることを心配して、反対しました。しかし、結局、虞の君主は晋の軍隊の通過を許し、やがて虢は滅ぼされてしまいます。そして、後には、虞も晋に滅ぼされることになったのでした。

〔異形〕唇つきて歯寒し/唇やぶれて歯寒し。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる