コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐人髷 トウジンマゲ

デジタル大辞泉の解説

とうじん‐まげ〔タウジン‐〕【唐人×髷】

江戸末期から明治末ごろまで行われた少女髪形左右にふっくらと結い、元結の代わりに毛で十文字に結び留めたもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

唐人髷【とうじんまげ】

江戸時代の女性の髪形。横兵庫とも。吉原花魁(おいらん)の髷であったが,次第に一般の若い娘が,根を低く髷を小さくして結うようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

とうじんまげ【唐人髷】

日本髪の髪形の一。髷の部分をふっくらと蝶形に形づくり、中央の元結を掛けるところに髪を襷たすきに掛けたもの。江戸末期から明治にかけて一〇代の娘が結った。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

唐人髷の関連キーワード脹雀・福良雀江戸時代日本髪

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android