コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃割れ ももわれ

4件 の用語解説(桃割れの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桃割れ
ももわれ

日本髪の一種。少女向きの髪型で,左右に髪を分けて輪にし,後頭部で懸綿 (かけわた) を結び,鬢 (びん) をふくらませるので,桃の花の開き始めを思わせる。明治の中頃,銀杏返し (いちょうがえし) の変形として考案された髪型で,桃割れ銀杏と呼ばれ,山の手娘の束髪に対する下町風として流行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

もも‐われ【桃割れ】

女性の髪形の一。後頭部で髪を二つの輪にまとめ、桃のような形の髷(まげ)に結ったもの。明治初期から中期にかけて、16、7歳の少女に流行。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ももわれ【桃割れ】

日本髪の髪形の一。髷まげを二つに分け、割った桃のように丸く輪に結ったもの。明治・大正期に一六、七歳の少女が結った。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桃割れ
ももわれ

明治時代にできた若い女性の髪形の一種。16~17歳ごろの町家の娘たちの髪形である。形は銀杏(いちょう)返しの一種で、桃が割れたようになっているのが特色。黒い髷(まげ)の中央が二つに割れて、中から絞りの手絡(てがら)がみえる。かわいらしい年ごろの娘の髪形で、昭和初期まで行われた。[遠藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

桃割れの関連キーワード束髪女向き下げ下地新日本髪蝶蝶髷角髪手絡ジュブナイル桃割

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桃割れの関連情報