コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桃割れ ももわれ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桃割れ
ももわれ

日本髪の一種。少女向きの髪型で,左右に髪を分けて輪にし,後頭部で懸綿 (かけわた) を結び,鬢 (びん) をふくらませるので,の花の開き始めを思わせる。明治の中頃,銀杏返し (いちょうがえし) の変形として考案された髪型で,桃割れ銀杏と呼ばれ,山の手娘の束髪に対する下町風として流行した。手絡 (てがら) と呼ばれる。美しい模様の飾り布が髪の中心に見える。黒繻子半襟黄八丈前掛けとともに,昭和の初期まで下町娘のスタイルとして一般的であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

もも‐われ【桃割れ】

女性の髪形の一。後頭部で髪を二つの輪にまとめ、桃のような形の(まげ)に結ったもの。明治初期から中期にかけて、16、7歳の少女に流行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ももわれ【桃割れ】

日本髪の髪形の一。髷まげを二つに分け、割った桃のように丸く輪に結ったもの。明治・大正期に一六、七歳の少女が結った。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

桃割れ
ももわれ

明治時代にできた若い女性の髪形の一種。16~17歳ごろの町家の娘たちの髪形である。形は銀杏(いちょう)返しの一種で、桃が割れたようになっているのが特色。黒い髷(まげ)の中央が二つに割れて、中から絞りの手絡(てがら)がみえる。かわいらしい年ごろの娘の髪形で、昭和初期まで行われた。[遠藤 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

桃割れの関連キーワード江戸つまみ簪ぴちゃぴちゃおかっぱ松江姉様日本髪かもじ花根掛遠藤結髪結綿結う

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android