コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐令拾遺 とうりょうしゅうい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐令拾遺
とうりょうしゅうい

仁井田陞の編纂した書物の名。 1933年刊。諸書から逸文を拾い集めることによって,今は散逸した唐令を復元した書。近時諸学者によって若干の逸文の追補,訂正がなされているが,中国法制史のみならず,日本法制史の基礎的文献であることにはかわりがない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

唐令拾遺
とうれいしゅうい

西域(せいいき)発見の唐令断簡や『唐六典(とうりくてん)』『通典(つてん)』など膨大な和漢の書籍から、唐令の佚文(いつぶん)および相当文を拾い集め、亡佚(ぼういつ)した原典の体系と条文を復原するとともに、唐の前後の令佚文をも集めて史的研究を行った著作。仁井田陞(にいだのぼる)著。復原唐令は715条に上り、開元令の条数を基準にするとほぼ半数にあたる。利用の際は序説と凡例を読み、復原の原則を理解することがたいせつ。1933年(昭和8)東方文化学院東京研究所刊。64年東京大学出版会から再版。[岡野 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

唐令拾遺の関連キーワード律令格式(りつれいかくしき)賦役令(ぶやくりょう)恩賜賞受賞者仁井田 陞仁井田陞公式令儀制令宮衛令岡野

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android