コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐拍子 からひょうし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

唐拍子
からひょうし

雅楽の音楽理論用語。高麗楽 (こまがく) の「貴徳急」「納曾利急」などに奏される打楽器のリズム型。1小拍子 (こびょうし) を4拍に細分し,その小拍子の第1拍に太鼓を打ち,また,その太鼓は,1小拍子間隔に強弱抑揚交互につける。軽快な感じをもっており,唐楽の『陵王』などに奏する一鼓の奏法に類似するために用いられた術語と思われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

唐拍子の関連キーワード延年[毛越寺]三の鼓三ノ鼓雅楽

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android