コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陵王 りょうおう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陵王
りょうおう

日本の雅楽の曲名。「蘭陵王」「羅陵王」ともいう。唐楽 (左方) ,壱越 (いちこつ) 調 (主音イ) に属する。北斉の国の蘭陵王長恭という人が,その美貌を隠すため仮面をつけて戦いにのぞんだという故事に由来して作られたという。1人舞の舞があり,舞の次第は,ソロの笛による「小乱声 (こらんじょう) 」の前奏に続いて,太鼓と若干の笛による「陵王乱声」を伴奏に恐ろしい吊顎の面をつけ,裲襠 (りょうとう) 装束の舞人が登場して登場の舞を舞ったのち,本来は,沙陀 (さだ) 調の音取 (ねとり) ののち,当曲 (中心となる曲) の舞を流麗にしかも活発に舞う。退場のときには「安摩乱声」を伴奏に退場の舞を舞う。以上のように演出法の整った舞楽で,右方楽の『納曾利 (なそり) 』と並んで今日最も多く演奏される。なお,これを双調に移した曲も管弦では奏される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

陵王【りょうおう】

雅楽の舞楽の曲名。蘭陵王とも。左方の舞で伴奏音楽は壱越調(いちこつちょう)の唐楽。管弦でも演奏される。中国,北斉の蘭陵王長恭が美貌(びぼう)を獰猛(どうもう)な仮面で隠して戦いに臨んだ故事にちなむ。
→関連項目舞楽面

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りょうおう【陵王】

雅楽の舞楽・管絃の曲名。唐楽の壱越(いちこつ)調。一人舞で走舞(はしりまい)(童舞(どうぶ)としても舞う)。舞譜では単に《陵王》,管絃の譜には《蘭陵王》とある。別名を没日還午楽(もつじつかんごらく)という。番舞(つがいまい)は《納曾利(なそり)》。《陵王》用の別装束(赤色裲襠装束)に,金色のあごのゆれる竜頭の面をつけ,右手に金色の桴(ばち)を持ち,左手は剣印(けんいん)という形をして舞う。両手を高くあげ,活発に舞う姿は勇壮で,左方(さほう)の走舞の代表とされ,右方(うほう)の《納曾利》とともによく舞われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

りょうおう【陵王】

舞楽の一。左方唐楽、古楽(もと林邑楽りんゆうがく)、壱越いちこつ調(もと沙陀さだ調)の中曲。一人舞・走り舞。中国、北斉の蘭陵王長恭が、あまりにも美貌なので、戦の際には竜の仮面をかぶって戦った故事にちなむという。勇壮かつ華麗な舞で、舞楽中最も有名な一曲。蘭陵王らんりようおう。羅竜(陵)王らりようおう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陵王
りょうおう

雅楽の曲名。『蘭(らん)陵王』『羅(ら)陵王』ともいう。唐楽左舞(さまい)の一つで林邑八楽(りんゆうはちがく)に属す。もと沙陀(さだ)調で現在壱越(いちこつ)調。舞人一人の走舞(はしりまい)。鎌倉時代の雅楽書『教訓抄』には、中国北斉(ほくせい)の美顔の兵士長恭が大勝利を収めたのを祝したとも、脂那(しな)の王子が父王の陵前で隣国との苦戦を嘆くと、沈みかけた夕日が昇り大勝利を得たのを表すともいうとある。ここから「没日還午楽(ぼつにちかんごらく)」の名もある。「小乱声(こらんじょう)」「陵王乱序」「囀(さえずり)」「沙陀調音取(さだちょうのねとり)」「当曲」「入手(いるて)」の六曲からなる。「陵王乱序」では独特の打楽器のリズムと竜笛の追吹(おいぶき)によって舞人が登場し、「囀」では無伴奏でパントマイムのような振(ふり)をする。別様装束で毛べりの裲襠(りょうとう)に金色の面をつけ右手に桴(ばち)を持つ。勇壮闊達(かったつ)な一人舞の傑作。番舞(つがいまい)は『納曽利(なそり)』。[橋本曜子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の陵王の言及

【納曾利】より

…1人で舞うこともあるが,その時は一般に《落蹲(らくそん)》と呼ぶ。番舞(つがいまい)は《陵王》。この曲用の別装束,毛べりの裲襠装束(緑系)に身をつつみ,銀色の目と牙をもつ青色の面をつけて,銀色の桴(ばち)を右手に舞う。…

※「陵王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

陵王の関連キーワード蘭陵王・羅竜王・羅陵王海野勝【みん】撥・桴・枹廣陵王璽海野勝珉林邑八楽永明文学通検推排竟陵八友左方唐楽海野勝辻近寛狛則高唐拍子還城楽蕭子良枝調子張僧繇采石磯会寧府

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陵王の関連情報